BANDIT1200S (バンディット1200S)

※ ここに掲載されている車両のカスタムに関して、あくまで管理者の個人的な趣味の範囲でのカスタムです。
ここの情報を元にカスタムすることは一切おすすめしません。
従ってここの情報を元にカスタムをして何かしらの損害を被る事がおきましても、
KZ3−Designsとしては一切の責任は持ちませんのでご了承ください。

※現在この車輌は他の方にお譲りしましたのでここではデータのみですのでご了承ください。

現在の愛車は スズキ バンディット1200Sです。
油冷(液冷とも言いますね)でGV79A(SK6)型で、GSX−R1000(K6)以来、久々のリッタークラスのバイクです。

しばらくスクーターばかりに乗っていたのでそろそろじっくりMT車乗りたいなと。
R1000の時はさほど乗っていなかったし諸事情で手放したこともあり
MT車、特にリッターオーバーに対して心残りが有った。オマケにタイミングが良いことに行きつけのバイクショップで
このバンディット1200が中古で入ってきてたので吸い付くように手に入れてしまった・・・(笑)

この車輌、R1000の時とは全く違い、国内仕様と言うこともあってパワーが無い分、乗りやすい!
0〜発進も、まるでOFF車に乗ってるときのような発進が出来るから気分が楽。
殆ど無くなりつつあるキャブ車ですがショップの方にリセッティングしてもらい非常に扱いやすく仕上がってます。
排気量の割には車体は軽く感じますし、取り回しも楽です。

現在は買い物、通勤は殆どこの車輌です。
購入してすでに5ヶ月ほど立っていますが、購入時は車検の残りが2ヶ月ほどだったのでついでにユーザー車検をやってきました。
ユーザー車検を受けたところは川崎陸運支局です。

ハンドルとリアキャリアを後から取り付けていて、車検時にイチイチ取り外したり戻すのも面倒だったので
構造変更で通してしまいました。
バックミラーやマフラーが交換されていますがこちらは問題有りませんでした。

構造変更で変わったのは、全幅が狭くなり、全長が若干長くなりました。
ミラーは純正からハンドル側へ移行、ナポレオンのメッキタイプの物。
ハンドルカバーは寒いので・・・(笑)

バーハンは純正の680mm(短!)から、さらに短い
プロトのEFFEX イージーフィットバーCB400SF用(660mm)の物に変更しました。

ブレーキホースはGSX−R1000のアップハン仕様の時に使っていたBRAKING社製ステンメッシュホース(好きな長さでオーダー出来る)
で作ったブレーキホースをそのまま流用。
リアキャリアは、RIDING SPOT製 BANDIT1200用。
このリアキャリア、スチール製で作りが単純だし、グラブバーの取り付けボルト4カ所でしか止まっていませんが
強度を確かめようとキャリアを下から上に持ち上げようとすると、
ゆがんだり曲がったりすること無く車体が浮き上がるほど強度が有ります!
左右に振り回してもゆがむことなく全くビクともしない優れものです。

トップケースは定番のGIVI 品番はE370。
キャリアの中央のバー部2本の1本ずつに、それぞれ6mmの穴を2カ所 計4カ所のトップケースネジ止め用の穴開け加工をして
GIVIのベースプレートを完全にネジ止めし、トップケースを固定しています。
この状態で結構な速度で走って全く問題なし、タンデムで大人が寄っかかって乗って走っても問題なしでした。

マフラーはヨシムラのJMCA対応 チタンカーボンフルエキで元から取り付けられていました。
購入した最大の決め手はこのマフラーかも(笑)
排気音なんてハッキリ言えばどうでもよくて、やっぱ車重量が気になりますから少しでも軽くなれば。
勿論車検もガス検&音量共にこのままパスしています。