アドレスV125

※ ここに掲載されている車両のカスタムに関して、あくまで管理者の個人的な趣味の範囲でのカスタムです。
ここの情報を元にカスタムすることは一切おすすめしません。
従ってここの情報を元にカスタムをして何かしらの損害を被る事がおきましても、
KZ3−Designsとしては一切の責任は持ちませんのでご了承ください。

行きつけのバイク屋さんで売っていただいた通勤快速!w アドレス V125G です。
外装の見た目はV125ですが中身はV125Gです。
手に入れたときは、フルノーマルにスズキ純正のV125用GIVIのBOXを付けてもらいました。

流石通勤快速と言うだけ有って、サイズ的には原付スクーターとほぼ変わらない幅。
全長も殆ど同じで中身のエンジンは4st125cc。軽くて速い。
燃費も実測燃費で、私の走り方でリッター30KMほど行きます。

一応タンデムも出来るし、それなりにシッカリ走りますが、やっぱり、基本一人で乗るような車体設計ですね。
初めに手を付けたのは、バックミラーです。
このミラーは自作で、小ネタのところで紹介する予定ですが、ベースはナポレオンのラジカルミラーで
ミラーの部分はC.F POSHの タイプminiZUのブラック8mmを流用。

ナポレオンのミラー部は使いません。
タイプminiZUは、本体とは別にミラー部が微調整が出来るのでラジカルミラーとの良いとこ取りとして
自作した物。


メーターは ACE WELL製のメーターに交換しました。

丸いタイプの物が有名ですが、今回V125に採用したのは四角いタイプの3853。
燃料計は100Ωのタイプです。
ニュートラルランプとハザードランプ、オイル警告灯やハイビーム等は使っていません。
FI警告灯とセキュリティーランプは別にLEDで設置。
取り付け方法もアルミの板材を切って形を合わせ、ノーマルメーターの取り付けネジ部の3カ所に合わせて
穴開け加工してカラーで高さ調整して取り付け。
サイドの隙間はアクリル板を使ってメクラをして
表面にマジカルカーボンのマジョーラタイプのカーボンシートを貼り付け。

スピードメーターのギア設定は標準規格のままなので、そのままOK。
燃料計はノーマルメーターからの配線を割り込ませて完了。
タコメーターもコードに巻き付かせて設定も説明書通りで終わり。
キタコのメーターは辞めて、TAKEGAWAのV125用を待っていましたが
それでは個性がないし、値段も結構高いし・・・。

場合によっては、このメーター汎用だから流用が効くのでほかの車輌にも回せるから便利ですw
シートはどうしても変えたかった1つです。
ノーマルは滑る・・・。
交換したのは台湾DCR製の物でヤフーオークションで見つけて約1ヶ月近く待ちました。
デザインが結構好きで決めました。

座り心地は、若干ノーマルシートより高いようで堅さはノーマルより堅く、案外疲れない。
座面表皮にはメッシュ加工が施されていて滑らない!これは良い!
小さい車輌だからノーマルシートだと振動で繁盛にシート位置が動くから結構疲れが来るんですが
コレは皆無です。シッカリ安定していて楽。
雨の日の次の日などの、縫い目からの雨水のにじみ出しなども殆ど無いので
防水処理もちゃんと出来てるのかな?
ヘッドライトは例に漏れずHIDですw
家に転がってた車用のD2Rを流用し加工、バラストはトヨタ純正コイト製の第3世代タイプ。
ヘッドライト本体の取り付け部も加工してます。
詳細は後で書きますが、ネット上で噂のステータASSIも勿論加工しています。
昔、VOR503の時にやったHID加工のノウハウもそのまま流用。
ネット上で参考にしたのはレギュの種類とコイルの加工方法でした。
流石に常にHID点灯して走ってるとバッテリーはどんどん弱っていくので
明るい時間はLEDデイライト(後日UP)で走り、夜はHIDって感じで走っています。
テール&ストップライトもLED化して自作しました。


ヘッドライトをプロジェクタHID化しました。
※Lo固定です。
ヤフーオークションなどでよく販売されている車用のプロジェクタフォグランプを流用しました。
レンズ径が結構小さくてV125のヘッドライトの中に納めやすかったので選びました。
プロジェクタの中身はH3のハロゲンバルブで遮光板も内蔵されています。
遮光板の外側に(プロジェクタレンズ側)にブルーの反射シートを貼り付けて、外からプロジェクタレンズをのぞくと
内部が青く見え、外から光をプロジェクタレンズに当てると青く光るように加工しました。
HIDはH3タイプの20000Kバーナーを購入し内蔵。バラストは厚さ10mm縦横約130mmの薄型代5世代デジタルバラストを採用。
上記のノーマルレンズのHID化よりも光の拡散が向上し、上下の光の別れ方が綺麗で見やすくなりました。
上下の光の別れ方の見栄えは、人それぞれの好みの問題が有ると思いますが
ノーマルのHID直付けの ”超拡散光” よりは周りに迷惑もかからないし良いかと思いますw




久々の更新です。

しばらくの間、家族の通勤用として動かしていたV125ですが、ずいぶん前に新しいK9が出て来たときに
グリップヒーターやシートヒーターなどが装備されていると聞いて、発電能力が大幅にUPしていることに気づき
現行V125(K9)のステータASSYとGSR125のマグネットローター改
GSXーR1000(年式不明)のレギュレーターを速攻で入手していて
やっとこの時期に加工取り付けする事にした。

電装系はすでに単相全波整流化していたのですが、現行K9は3相交流化されて居ますので出力は段違いです!
ステータASSYを交換し配線を少々加工。
3相交流化するために新設で3相交流用の配線3本を作り、フロントに設置する予定のGSXR1000用のレギュレターまで引き回す。
GSXR1000用のレギュレーターには出力用の+線が2本、アース線が2本と何故か2本づつ有る。
配線図を見ても結局途中で繋がっているので同じようにそれぞれ1本づつに加工。
今まで使って居た単相全波整流用のレギュレーターを外し今まで繋がっていた+線とアース線を残し
単相全波整流用に加工して繋がっていたステータASSYから来ていた2本の線を無効化。
GSXR1000用レギュレーターを車体の適当なところに仮設置し、新たに引き直した3相交流用の3本の線を繋げ
残しておいた+線とアース線も繋げて、レギュレータ本体をシッカリ取り付け設置完了!

結果から言うと、問題無く無事に動きました。配線の問題も無いし、電圧もすこぶる安定。
レギュレーターの熱も問題なさそうでした。
ステータASSYを交換してるから、エンジンの回転に対して結構負荷が有るかなと思いましたが
全くそんな感じはないし、高回転まで何時ものように回ります。それどころか下からトルク出てます。


今回3相交流化したお陰で今まで使って居た昼間のLEDデイライトは取り外し、常にプロジェクタHIDヘッドライトで走れるように成りました。
ついでにV125用に譲って頂いたハンドルカバーも取り付けてみました。

こうなったらグリップヒーターとか、ポジションライト増設とかもやってみたくなってきました(笑)
2010年7月16日
ずいぶん久々の更新になってしまいましたがV125は至って元気です(笑)

実は色々と変更されていますがホームページの更新を忘れていただけです。特にV125を・・・。(苦笑)
上記のステータASSY交換は、わざわざGSR125のフライホイールまで手に入れて加工までしたのですが
1ヶ月ほどで元の全波整流状態に戻しました。HIDはデジタルバラストにし効率UPさせて安定させましたし
GSR125(キャブ車)自体を手に入れてしまったし・・・(笑)

近々画像も撮り直して改めてUPしますが、今回は変更箇所の詳細をお伝えするだけで。
マフラーはTAKEGAWAのサイレントボンバーの中古に交換
インジェクションコントローラーもTAKEGAWAの物を取り付けました。
エンジン内部は全く手を付けていません。
駆動系は実はもう1年以上になるんですがフィクストドリブンとトルクカムをカメファク製の物に交換しています。
トルクカムの溝は立っている方を採用、散々走り込んでいますが今のところ全く問題無いです。
プーリーは2度ほど交換しています。
1度目はキタコのパワードライブV(現在はNEWパワードライブ タイプXだそうです)
2度目の現在は デイトナのパワーアドバンス スーパーハイスピードプーリーキット
ベルトはノーマルです。
IGはキタコのモンキーゴリラ用のスーパーイグニッションコイルを流用

※近々更新をキチンとやりますが流石に全ての写真は撮影出来ないのでご了承ください。(笑)

HOME